意外に知られていないプライバシーの意味!

そもそもプライバシーってなに

よくプライバシーという言葉は耳にしますけど、そもそも、プライバシーって何でしょうか。憲法13条後段の幸福追求権を媒介とし、私人の私的事情をみだりに公開されない権利がプライバシーの内容です。具体的な例でいうと、自分の部屋の中の様子がどのようなものであるのかということについて勝手に知られたくないですよね。これを勝手に他人に知られないことを守っているのがプライバシー権です。そのため、このような部屋の状況を勝手に盗撮をされたらプライバシー権侵害ということになります。

プライバシー権侵害てどうゆうこと?

自分の部屋の様子などを勝手に盗撮された場合、プライバシー権侵害となります。このようなプライバシー権を侵害された場合具体的にどのような法的措置をとることができるのでしょうか。そもそも、プライバシー権侵害がされた場合、民法709条所定の不法行為の要件を満たします。そのため、侵害をされた人は侵害をした人に対して、損害賠償および侵害状況の除去をするために必要な措置をとることを請求することができます。なのでこのような侵害を受けたときに泣き寝入りをすることはやめましょう。

例外的にプライバシー権侵害にならない場合

プライバシー権侵害が形式的にあるような場合でも、プライバシー侵害にならないこともあります。それは、政治家の場合です。そもそも、政治家は選挙で国民に選ばれて当選することで初めてなることができる職業です。このような政治家は公益を実現する者として公共的な役割を担っています。したがって、このような公人としてふさわしい適格があるか否かについて国民に情報を提供するために、たとえ私的な事柄であってもこれを公開されることを甘受しなければならない場合があります。

機密文書は、個人情報や社内での重要事項が記載されていることが多いので処分する際は確実に処分する必要があります。また、専門業者に依頼することで安心して処分することができます。