内定者のフォロー研修は工夫が必要になります

内定者フォロー研修の意味

定期採用者獲得は企業の将来を担う可能性があるため、企業も一年がかりで取り組んでいます。入社は来春であっても、早い段階で採用を決定し内定通知を出します。しかし、良いと思える人材はどこの企業でも内定を出す可能性があります。学生は内定を出した後も、より条件の良い企業の入社試験を受ける可能性があるのです。そのため、内定者フォロー研修を行うのは、他社の試験を受けさせないために企業が行うものでもあります。そのために、競合する他社の入社試験日に合わせて研修日を設定するなどの工夫が必要です。

内定者フォロー研修の内容

内定者フォロー研修の内容は様々ですが、翌年の春に間違いなく出社してくれるために行うものです。正式な研修は新入社員研修を行うため、会社の決まりごとなどは必要ありません。研修の目的は、採用を決定した学生に「この会社に入社をするのだ」と強く持ってもらうことにあるのです。そのためには、同期の桜となる内定者の学生たちを一同に合わせることが大切になります。そうし、何故この会社を選んだのかなど話をさせる機会を持つことです。

一人ひとりの内定者研修

内定を決めた学生が卒業試験のため研修に出てこれない人もおります。また、採用者が一人のこともあります。このような場合は研修会を開く必要がありませんので、通信教育でフォロー研修を行うことがあります。研修のテーマは、会社をより理解し入社の意欲を高めるためのものですから、教育担当者などが内定者のエリア内にあるお店を指定し、お店や商品の視察をさせて、感想文を提出してもらうことです。テーマは、会社の業種にそったものを選定することです。

今はゆとり世代と言われていますので誉めて伸ばすことが必要になります。またスマホ世代でコミュニケーションをとるのが苦手な方も多くいますので、一人に対して時間をかけて社員教育することが求められます。